ナースの米国株式投資

30代の看護師。兼、米国株式投資しています。

確定申告ゥゥゥ!あと投函するだけだったのに、結局税務署に行かないといけないのん!

クジラです。

パソコンで確定申告の入力終わったぜ!

慣れないコンビニでのネットプリント印刷での印刷もできたぜ!

 

後は、免許書のコピーやら配当金支払証明書やらの必要書類をそろえて税務署宛にポストに投函すれば万事OK!だぜ~!

 

初の確定申告!なんとかやったぜ!期限だって余裕のよっちゃんだぜ!

 

と、一人こっそりとウカれていました。

 

なのに、まさかの、足元をすくわれてのこんど直接税務署に行かねばならないことになってきました。。。

 

事の顛末は以下です。

 

 

もしもし~、ジョン?今ちょっといい?、聞いてよ~!』←(誰!)

 

『先日ね~、職場の総務課からうちのママの保健手帳に関するメールが来てたの』

 

メール本文↓

『くじら様、数日後に税務署の人が病院に来ます。その日時までにお母様の福祉手帳を急ぎご提出ください』

 

『ほら、今私実家住まいで、両親を扶養している状態なのよね』

 

『パパは70歳以上で、扶養控除的には控除額48万円なんだって』

 

『で、ママは障害福祉手帳1級なの。何年か前に等級が上がったのよね。で本来であればこれって同居特別障害者ってのになるらしいのよ、そうなると控除額ってば75万円なんだって』

 

『私さ、控除とか、超意味わかんないんだけど超簡単に言ったらアレでしょ』

 

『しがないサラリーマンナースの私は会社から給与をもらってて。』

 

『その給与から、いろんな控除ってのがぶっちゃけ必要経費として各種引かれて。』

 

引かれた残りの金額に応じて所得税率がかけられて所得税が幾らって決まるらしいのよ?』

 

『なんか、イロイロ必要経費として抜くことで税負担を減らすっていうしくみらしいのよ~。』

 

『確定申告のさぁ、調べたりしてて、まだまだよくわかってはいなんだけどさ?』

 

『ひいこら働いて、お給料をもらってさ、よくわかんないけど税金を抜かれてさ、こういうことってもっと知識を持たなきゃなって思ったのよ~。』

 

『あ~、話がそれちゃったわね。』

 

『でね、一にも二にもひとまずは確定申告の提出の用意は済んだのよ?それなのに』

 

『なんかね、ママの障害者手帳の等級が上がったことがちゃんと源泉徴収に反映されてないんだって!』

 

『総務課からのメールでママの福祉手帳のコピーを提出したのね。で、それは全然問題ないんだけど。』

 

源泉徴収にママの障害者手帳の等級が反映されてなくって、控除が少ない状態だっていうことらしいのよ』

 

『だからね、数年分の源泉徴収票とママの障害者手帳を持って税務署に行かないといけないらしいのよ』

 

『総務の人は、税務署に行けば控除が増えるから、お金がたくさん返ってきますの一点張りで。』

 

『いやね、お金が返ってくるクサイっていうのはもちろんやぶさかではないんだけど。』

 

『せぇぇっかく、慣れないパソコンでひとり入力に超格闘しながらやっていたのに!』

 

『もうさ~、うわさでは超混んでるらしいし?超待つらしいし?

 

『イマドキのイケてるナース(笑)としては税務署への特攻はもう絶対嫌だ!』

 

『とか思ってがんばったのにのに~。』

 

結局税務署に行かないとダメなんかい!ともうガッカリってか、気が抜けちゃったのよ~。』

 

『確定申告?アレなら、超余裕でもう終わりましてよ!』

 

『おほほほほ~!くらい言ってやろうと思っていたのに。』

 

『まあね~今回自分で確定申告とか税金とか控除がどうとか調べたことは確かに無駄にはならないと思うわ。』

 

『調べて、それなりにお勉強しても控除がおかしいことになってるのには全然気が付かなかったけどね!』

 

『指摘がなければずうっと控除額がおかしくて沢山のお金を余計に国へ支払っていたかもなのよ。』

 

『そして、そういうヒトが絶対いそうじゃない?気が付くことさえないヒトって絶対いるわよ~。』

 

『だから、こんど税務署に行ってくるわ。

スンゴイ気がのらないけど』

 

『行ったらどんな感じだったかまた電話で報告するわね。』

 『うん、また連絡するわ、じゃあね~チュッ』

 

ランキング参加しています。

ジョンって誰やねんと思ったひとも

↓ポチお願いします。

<にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村p> 

 

 

 

 

 

 

 

死んだ後のお墓的な話

クジラです。

自分が死んだ後に入るお墓の用意ってみんな普通しているんでしょうか。

 

ワタクシんちは、お墓ないですわ!

 

ワタクシの両親は東北の複数兄弟の末っ子同士。

 

さいころにお墓参りを数回したけど、マジに田舎で山奥だった。

 

お線香、お花とお饅頭とかを供えてお参りをして、帰りがけにはなんと沢山のカラスが供えたまんじゅうとかにたかっている有様だったのよ。

 

そこまで、親しくもないし、両親はともかくワタクシまで父親方の東北のお墓に入れてもらえるとはとても思えない。

 

というか、言えない。。

全然親しくないからさっ。

 

死んだあとまで、自分の行き先を考える余裕がないわよ!

って感じが無きにしも非ずだけど、完全に身寄りなし、死んだ後に遺骨を引き取る人がいないと、アレです。

 

無縁仏扱いで、地域の共同墓地的なとこに入ることになります。

超巨大な骨壺にお骨をダイレクトに投入されるイメージです。

 

まあ、早めにお墓を買っておくと子孫の運を喰ってしまう、なんていう話もあるのですけど。

 

ワタクシは、子孫はいないから、これはどうでもええねんです。

 

そんな昨今、おススメなのが、合葬墓(がっそうぼ)というものですって。

形は様々だけど、巨大な盛り土の丘的なイメージ。

お墓に入るヒトごとにその丘に穴を掘る。

遺骨は布の納骨袋に入れてお名を掘って埋められる。

 

普通のお墓は永代供養なあんて言っても、後を継ぐ人がいないと、せっかく買ったものでも自動的に墓じまい(お墓を片付けられちゃう)にされて、空いたお墓の一区画は元のお墓の業者に返還されるんですって。。

 

 合葬墓(がっそうぼ)は場所によりけりだけど、供養はそのお墓でしてくれないらしいけど。 

微妙に親せきだけど、そんな親しくない人が亡くなった際に都合がいいとか。

 

他の人へ宛でも様々な人がお花をあげに来てくれるから寂しくないとか。

 

何より、お墓を身近に守れる人がいない。

お墓の後継ぎがいないってケースが増える今の社会に割と合っている形態らしいのよ。

後は 中に大勢の人がいるほうが、寂しくないかもって考えたり。

土に還るイメージが良い、とかね。

 

イマドキはお墓を買いましょうとかリアルに余裕がなくて、あんまり話さないですかね。

 

老後にどこまで生きるか、そのお金は大丈夫か、とかいう現実がありますから。。

 

後は、宗教上の理由で同じお墓に入れないっていう場合も結構ある。

 

後は、旦那と同じ墓に入りたくないっていう奥様のご意見ってのも結構強くあるようだ。

 

なんだろう、結婚して、ラブラブな夫婦というのは幻想なこともあるってことかしらね。

 

葬儀関連の費用って日本は先進国トップクラスだそうな。

 

檀家としてお寺的なところに年間で数十万円かかることもザラ。らしいのよ。

 

 

リッチなヒト(ここでいうリッチはおカネもちゃんとあって、かつ子供なり後継者がいる事を指します)はご家族と相談して、代々受け継ぐお墓を守ればいいのよね。

 

 

少しは自分の葬儀関連にお金を出せる人で、後継ぎがいないヒトはこの合葬墓って選択アリらしいですよ。

 

お金も身寄りもないヒトは、無縁仏へ。。これなら自己負担はなし。

でも、いわゆる老いじたくはある程度すべきと思う。

 

これから先、日本には身寄り一切なしってケースはまれだろうけど、遺骨の引き取り手がいないっていうケースは実際増えると思うのよね。

『疎遠につき、関わりません』

とか、

『疎遠につき、連絡したくないんです』

とかね。。

 

生きるお金に悩み、死んだ後のことまでも考えないといけないとは、なんだかどこまでも大変な社会ですけど。

 

。。合葬墓も、無縁仏の強大な骨壺的な合同墓に入るのも、結局は気分の問題かもですけどね。

 

他人と一緒はアレですか、いわゆるコミュ障なヒトは落ち着かないかな。

でもまあ、死んでれば別に構わないかなっ☆

 

 

 

ランキング参加しています。

↓ポチお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

 

 

ふるさと納税をしらないあなたに超簡単にふるさと納税を伝えたい!どれだけこいつがお得かを!

クジラです。

お仕事をして、お給料をもらっている身分のヒトは、ふるさと納税やったほうがいい。

 

でも、うちの職場でも米株投資はおろか、投資はおろか、ふるさと納税すら他人事で、やったほうが良いか検討すらしていないヒトばかりであるのよ。

 

せいぜいが、積立貯金、定期預金くらい。

 

iDeCoをやっている人もいない。

 

現状ワタクシのほうが、他のヒトよりも異端な存在なのよ。

 

ママさんナースは競うようにマイホームを建てては、お子さんを託児所に預けたり、祖父母らに預けるなりして働いている。

 

うちの病院では財形貯蓄なるものも一年くらい前から給料天引きで希望者は出来るようになったがこれも実践している人はいないだろう。

財形は利率0.04%かなんかくらいだった。

 

さて、ワタクシには妹がいて、三歳年下で、来年は中学生になる子と、今小学生の子供もいる。

 

そうなのよ、なんてこった。。

 

ワタクシ、リアルおばさん(の立場)なんですわ!

 

で、妹とデニーズで先日お昼を食べたのです。

 

ふと、妹に

ふるさと納税やっているよね?』

と聞いてみたのよ。

 

『ワタクシはお米アンド豚肉アンドトイレットペーパーを選んだわ、アンタんちは何を選んだの?』

と聞いてみようと思ってね。

 

でも、

『えっなに、そういうのってお金持ちがする奴じゃないの?』

と普通に言われたのよ。

 

妹はワタクシよりもネットやら情報通?で、お得なクーポンやら近所の美味しいお店をスマホで探したりが得意なのよ。

 

でも、こんな反応。

 

そして、ワタクシも今一つ上手い説明ができなかった。

 

なので、こっから下はふるさと納税をしらないあなたに超簡単にふるさと納税を伝えたい!どんなにこいつがお得かを!

 

ふるさと納税とは、自分の意思で、寄付したいな~と思う地域に寄付するものだ。

所得に応じた上限があるが、その上限までの寄付ならば2000円を除いて、税金として還付される。

寄付した地域によってはお米なり、カニなり、地域の特産品を返礼品としてもらえる。

 

楽天ふるさと納税サイトや、ふるさとチョイスなど、サイトも充実しており、ネットでお買い物をすることが出来る環境にあるヒトにはネット通販と同じ利便性で寄付ができる。

 

上限は各自の収入によって変わる。

各サイトに収入、扶養家族の有無なんかで、およその上限は割と簡単に把握できる。

独身、扶養家族ナシほど普通の税負担は高いので、高収入であればあるだけ、ふるさと納税の限度額は高い。ので、おトク。

自己負担は一年で2000円。

 

差額分の寄付金は自己負担なし。(還付される。住民税から控除される。)

返礼品はまるまるタダで手に入るようなものだ!

 

イマドキ、消費税増税やらで、給料は増えないのにじわじわと抜かれる分が増えてきてる。

だからこそ、今を生きる会社員とかの戦士たちはこの制度を利用して、自らの生活に潤いを、豊かさを取り戻すべき!

 

返礼品の競争が激化して、本来は寄付金の30%くらいが返礼品ってことになっているが、各地域は何でもいいから自分とこに寄付してほしい!て感じにキマリ以上の返礼品を用意していたり、地域に関連のない返礼品を出しているとこもけっこうあるらしい。

 

なので、ふるさと納税の制度自体が今後改悪される可能性は実は結構高い。

 

まあ、数年は大丈夫と思うけど。

 

逆に、だからこそ今、今、今すぐこの制度はマジにやったほうがいいのよ。

 

証券会社の口座もいらないし、年間5か所までの寄付なら確定申告ナシでOK!なワンストップ特例制度もあるし!

 

ただ、一時期ウワサになっていたようなふるさと納税偽サイトには注意が必要。

※割引表示のあるのは偽サイトです。

 

ランキング参加しています。

↓ポチお願いします。

 

 

 

 

 

車は安全運転で。タバコのポイ捨てはダメ絶対!

クジラです。

先日の夜勤明けのことです。

『ああ、無事に夜勤が終わって良かった。何はともあれ無事に終わった、早く帰ってオフトンに会いたい』

とか思いながら、車を走らせていたら、おもむろに後ろの車に追い越された。

 

まあ、追い越し禁止のオレンジ色車線ではなかったけれど、まあ気分は良くないけどね。

 

こういうことは良くあるし、毎回こういうバカにあおられて、対向してあおり運転したり、抜き返してはいけないのよね。

 

ワタクシは平常心で、ハンドルを華麗に操り続けたい。

制限速度で、安全運転で。

 

第一、ちょっとくらい追い越したとしても、大抵次の信号くらいでもう普通に追いついちゃうのよ。

 

『なんや、ワレ、追い越しといて信号で引っかかっとるわ、この狭い日本そんなに急いでどこへ行くちゅうねんバカたれが!』

 

案の定、追い抜きしてった車は次の信号で引っかかっていた。

 

トヨタの車種はわかんないけど、古い型のセダンとかそういう感じ。

 

後ろからだと運転席に乗っている顔、人相、年代まではわからない。

髪の毛がセミロングくらい。体型が華奢かなという感じで、どうやら女のようだった。

 

時間としては午前10時くらい。

通勤時間帯でもなく、車種的に配送とか、公用車って風情でもない。

『こんな平日の時間にどこへ行くのか、まともな女ならこんな時間に車を運転しないんじゃないかしら』

(ブーメラン&言い掛かり)

 

その車は運転している女以外に乗車しているヒトはいない。

 

ふと、みると運転席の窓のは開いている。

 

その女は右手にタバコを持っている。

喫煙しているのだ。

見れば、車内から紫煙が上がり、遠目にも空気の動きが見える。

 

『なんや、ワレ、ワタクシの養分かい、早く言いよ~』

 

ワタクシはタバコがキライだけど、おタバコ銘柄の株を持ってからは、喫煙者がワタクシにチャリンチャリンとお金を落とす存在に見えている。

 

なので、ワタクシに実害にない範囲で大いに喫煙したら、エエと思う。

 

この追い抜き女も、ワタクシのそんな養分なのだ。

 

窓から車道に灰を捨てる様子はけしからんが、ワタクシは養分フィルターで大甘に見ていた。

 

 

 

だが、しかし、赤信号は青に変わった時養分女がとんでもないことをした。

 

女は右手に持ったタバコを最後とばかりに深く吸い込むと、後は不要とばかりにおもむろに右手の力を抜いた。

車道にタバコを放ったのだ。

 

当然地球には重力があり、その法則に従って物は落ちる。

 

タバコの燃えさしは車道に落ちた。

 

もう、それはタバコではない。

 

ポイ捨てゴミだ。

 

 

『このバカちん、タバコのポイ捨てしよった!や~め~て~よ~!』

 

『ただでさえ、喫煙者に厳しいご時世に、自分の首を絞める行いはマジやめてよ!』

 

『喫煙は体に重大な害をもたらします、そのせいなの?あんたバカなの?バカでしょ!』

 

ワタクシは車にパトランプをつけ、サイレンを鳴らした。

 

華麗にハンドルを切ってポイ捨て女に『そこの車、止まりなさい!』

と警告しつつ、路肩に車を急停車させた。

 

 

 

させたうえで、ポリスマンの手帳を見せたうえで、切符でも切ってやれればよかったんだが。

 

実際は、しがないナースなので、妄想で済ませて家にまっすぐ帰って、お風呂に入っておフトンで寝ました。

 

実際には禁煙区域でもないので、何の切符も罰金も取れないとは思う。

 

※喫煙は喫煙する人、周囲の人の体に重大な悪影響を与えます。

 賢いヒトは、タバコを吸わないで、おタバコ銘柄株を買ってはどうでしょう。

 

ランキング参加しています。

↓ポチお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

 

公団って。

クジラです。

公団の話をしよう。

 

ワタクシは以前公団に住んでいたことがあるのだ。

 

巷では、ヤバい方々、どきゅん☆な方々が生息する下劣などぶ板に面した住処だというようなことがまことしやかに伝えられているようだ。

 

そう言ったウワサは真実なのか!

 

結論から言えばワタクシは結局数年ほどで実家に戻ることになったわけだ。

公団には一年程度住んでいたことになる。

 

公団以外にも、普通の賃貸物件を体験しているからね。

 

断っておくが一つ言っておくが、公団住まいは悪くないんだぜ?。

お金が必要なら、一考の余地ありだ。

 

 一人暮らし(笑)は、結果数年だった。

結果始まりの実家に戻ることとなった。

 

すごろくで言えば、振出しに戻っただけだ。

だが、それだけ、他に何も変わっていないのだろうか?

それは、違う。

昔からそこにあったように、さも何も変わらないようにそこにいる。

 

しかし、離れて初めて家庭のぬくもりに気が付くように、孤独の寂しさに気づくように、月並みだが一人で世間と闘うのは分が悪いと痛感したのだ。

 

お財布的にも、精神衛生的にも。

 

多少の時間と、お金を失ったわけだが、そこはもうどうだっていいだろう。

 

 

 

公団に毎月支払っていた、いわゆる家賃は管理費2千円程度を足しても3万9千円ほどだった。

それに駐車場代を5千円程度。

 

トータル4万3千円程度。

 

間取りは3kで、普通に学生のお子さんとかがいるご家族とかも住んでいた。

 

いわゆる公団サイズの小さな4畳半、6畳間がふたつ。

 

大柄な男性などではちょっと気をつけないと鴨居に頭をぶつけるなどしかねないが、ワタクシは小柄系女子なので、そういうことはなかった。

 

ただ、基本フルタイムで看護師していたので、家で(公団の部屋で)ナニするって、寝るために帰るみたいな感じ。

 

たまには仕事が休みで部屋でゆっくりもしていたけれど、どうも落ち着ききらない。

 

つまるところ、ワタクシは甘やかされた家猫のように他所では安住できないつまらない存在だったということさ。

 

 

話が、それたが。

公団は、敷地内は公団管理事務所のヒト(多分パート)が毎日掃き清め、基本的にはゴミ一つ落ちていない。

そこいらの一区画を建売販売しているようなところよりも清潔に保たれている。

樹木は常に選定されどの時期でもなにかしらの草花が通る住民の心を癒してくれる。

 

基本的に犬猫の飼育は禁止されているが、それは建前上の事らしい。

 

住んでみれば、とある部屋からは毎日同じ時間にチワワ的な犬を散歩に連れて歩くおじいさんなど、普通にいて、日の当たる道路をドッグランにしていた。

(ペット飼育は厳禁です)

まあ、でもペット関連のトラブルなどは全くなかった。

 

住居スペースのほかにも公園、ちょっとした野球を出来るようなスペース、お散歩にはもってこいの周遊コースもある。

 

 

 

基本的に家族連れが多く、夜になると人けがなくなって、辺りはしんと静まり返っている。

パトカーなどは公団のある地区を良く周遊しているので、放置自動車や不審者の気配は特にない。

なんなら、仕事の後にランニングだってできるくらいの安全っぷりだ。

 

駐車場が恐ろしく部屋から遠いのが玉に瑕だが、健康のためと銘打てば捨てものではないかもしれない。

 

買い物をして帰ると、上腕二頭筋だってモリモリになる。

 

家賃は安くて、健康的で、安全でしかも筋トレまで可能だ。

夜などは、駐車場から部屋までが丁度丘のようになっていて、いくつかの上り階段を上る必要がある。

 

疲れて帰っていく時に、LEDの明かりにてらされたのぼり階段から、建物はまるで、シンデレラが王子様のいるお城に向かうみたいに見える。

(イメージ)

 

誰も待ってはいないけれども。

 

ランキング参加しています。

↓ポチお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アリさんの話です。

クジラです。

働きアリの話です。

働きアリは、その生涯を食べるものを探しに当てのない旅にでたり、自分たちのコミュニティを整えるためなどに尽くしています。

 

童話アリとキリギリスでは、アリは、厳しい冬に備えて、毎日毎日勤勉に勤める、まさにサラリーマンの鑑であるかのようです。

対照的にキリギリスは日がな一日、のんびりと過ごし、最終的には食べるに困ってしまいます。

 

ふと、会社なり、国なり、働きアリに働かせているトップって、働きアリには自分の置かれている境遇やら、状況についてとか、なるべく教えないで、いこうとしているのではないですか。と思ったのよ。

 

 

余計な知識をつけられて、給料を上げろと騒がれても面倒ですし、働かなくなったら困る。

バカでいいので、目の前にある仕事を文句を言わずにやってろと。

安月給でこき使う気マンマンなんじゃないですか。

くたびれて、果てるまでこき使って、稼いだお金は生活するのと、多少の憂さを晴らすのに使うようにして。

そうすれば、お金は循環して経済的なサイクルも循環するでしょう。

 

爪の先に火をともすようにして、お金を貯めてもサラリーマンは思うほどたまらないですし、効率も実際悪い。

 

思えば、老齢年金も、定年でリタイアして、何も備えていないと生活に困る状況です。

でも、そもそも必死こいて働いても、お金は貯まりにくいし、国は貯めないで使えと促しているでしょう。

でも、老後の生活は各々自助努力をして、備えろと。

 

金融リテラシーを高めるどころか、税金やらなんやらでこっそりとバレないように収入を削っていきます。

 

まさに、生かさず、殺さず。

 

ところで、働きアリってそのすべてが同じレベルで勤勉では実はないらしいです。

 

一部は勤勉に勤め、有能に働いているけど、多くはウロウロしているばかりで実益にかけるらしい。

まあ、これは見ている側の勝手な判断ですけどもね?

 

普通のサラリーマンなんかでも、きっと同じ。

一部はスゴク頑張っているし、それ以外のサラリーマンは大して会社の役にも立っていない。

大して役に立たない奴でも手駒はないと実際困るし、いないよりはマシ。
 

って、会社の偉い人からは見られている。

 

世界を上から、俯瞰してみたら、きっとそんな感じよ。

 

で、超勤勉なサラリーマンAさんも、クソの役にも立たないと思われているサラリーマンBさんも、だいたい給料は同じ。

 

勤勉に勤めて、努力を重ねて会社のトップに上り詰める人とかって殆どいないでしょう。

まして、努力の分だけ報われる社会でも、ないですし。

 

だから、真面目なサラリーマンAさんでももちろんいいんだけど、会社に尽くして終わるだけの人生になりかねない。

ならば、役立たずと思われていても、地味に会社だけに頼らず、社会の仕組み、についてを上から世界の仕組みを見るべく、視線を変えた生き方をしていかないといけないのです。

 

童話アリとキリギリスって、アリさんが困ったキリギリスを助けてあげてどうもさーせんみたいなあらすじかと思っていたけど、原作ではアリさんは冬に生きるに困ったキリギリスを見殺しにしたっていう話なのね。

 

残酷、とも思えるけれども、同じようなことが、これまでも、これからも日本の社会では続くんじゃないかと思うのよ。

 

だから、自分からどの立場になりたいかはイメージしながら進まないとマズいです。

ジリ貧になります。

 

ランキング参加しています。

↓ポチお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

 

 

 

 

豊かなのに、貧しい。キモチ的な話でなくて。

クジラです。

 

今更なんだけど、年末や年始、特別な美味しいモノとか食べましたか?

 

イマドキの多くのヒトは、普段とあんまり変わんない水準のモノを食べたんじゃないかと思うのよ。

最近のお正月の食生活が低下しているとかじゃなくて、普段の日の生活水準が上がり切っていると思うの。

 

おせちやら、行事食的なのはともかく。

 

昔はさ、今よりも生活水準ってずっと低かったでしょ。

普段の生活自体は今よりもっとつつましい物だったはずなの。

 

だから、年に一度、特別な正月のごちそうがあった。

昔は砂糖だって、お醤油とかだって高価なぜいたく品だった。

もちろん、お正月はどこもお店がお休みだったり、お家の料理も日持ちするものをって言うこともあるだろうけど。

 

年末年始は一年で特別な時期だから、家族で贅沢にお砂糖らや使って、豪華な食卓を囲んだ。

 

もちろんお酒もぜいたく品でしょ。

 

 

 

今は?

 

小金があれば、コンビニで腹は満たせる。

お金があれば自販機でコーヒーやら、炭酸飲料やらも冷た~いのも温か~いのも望みのままに手に入る。

 

 

 

安くはないが、定価販売でボラれないし、品質も安定している。

ついでに、マフィア的な危険な方々に遭遇するなんてこともまずないくらいに安全も保たれている。

どこでもコンビニは大抵あるし。

銃火器はその手の方しかもってないはずだし。

 

ストライキも早々起きないし。

 

思えば世界中でもこんなに豊かな国って実は珍しいだろうと思う。

 

 

同じくね、医療ってのも昔とはあり方が変わっているのよね。

 

ワタクシの両親のそのまた親の頃は病院なんて、滅多の行くところではなかったそうです。

それこそ、倒れるまで、普通は病院なんて行くところではなかったそうなのよ。

倒れて、病院に運ばれて、そこで体の状態やらを見てもらうくらいのところっていう立ち位置。

 

まあ、ザ☆田舎☆ってことで、病院自体が地域に一か所しかないとかいうこともあったとは思うけど。

 

今は違うでしょ。

 

基本的に、カラダのメンテナンスをしたりする場所っていう立ち位置なのよ。

血圧や高ければ、内科なりで降圧剤を処方してもらう。

気になるところがあれば、お医者にかかるでしょ。

ピチピチのヒトは早々お医者にかからないだろうけど。

 

医療ってものの在り方は、昔は治療がメインで、今もそれは変わらない。

 

イマドキは、追加で、より良く、長く生きてゆくってことが昔よりずっとメインに押し出されている。と思うの。

 

上手く、医療を活用すれば、大体多くがそのより良く長生きって可能です。

 

でも、同時にやりようによっては下手すれば、どこまでも命が長らえるくらいになってしまう。
これは、もう、より良く生きるっているもともとの望みとはかけ離れているものになってしまう。
おまけに、医療の質がレベルアップしてる分お金もかかる。

 

 

生活水準は上がって、医療の水準も上がっている。

 

これだけみると日本最高!なあんて、見えるけど。

 

イマドキの日本は生活水準が上がっている分、お金は貯めにくい。

物価は上がるし、消費税も上がるし。

お給料天引きで、その他税金、医療保険社会保障費もろもろ、昔より多く吸い上げられている。

 

お給料は上がりにくいしね。

びんぼ~なヒトは、貯めるどころか、生きるのにも大変だそうだ。

いやいや、他人ごとではワタクシもないのよ。

 

子育てはしにくいし、働いても働いても、何も残らないことすらあるって、やはり根本的な仕組みがどこかオカシイのだ。

 

 

医療もね、上手く活用すれば、そりゃ生活の質は上がるでしょうけど。

メンテしながら生きていけば、当然昔よりも長生きできるわけよね。

 

別に病院に通院することは当然悪いことではないのよ? 

 

生活水準が上がっても人の暮らしは苦しい。

 

『日本豊かだ』って、言ってもこんな風にどうも雲行きが怪しい。

怪しくて、うさん臭くてしょうがない。

 

と、思うのはワタクシだけであろうか?

 

 

ランキング参加しています。

↓ポチお願いします。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村